WEB申込み24時間受付中 お電話の方はこちらから0120-077-739

ファクタリングの審査基準と審査に通るためのポイント

売掛債権の売却であるファクタリングにも審査があり、審査落ちになることもあります。ただし、融資と審査の基準が異なります。今回はファクタリングの審査基準と審査に通るためのポイントをまとめました。

ファクタリングの審査について

ファクタリングの審査基準と融資の審査基準の比較

ファクタリングの審査基準と融資の審査基準を比較表にしました。これを見ると、資金調達という共通点がありながら、お金を提供する側(貸す側)が何をチェックしているのかまったく異なることがわかります。

ファクタリングの審査基準

既存の融資の枠組みでは資金調達が難しい会社も、審査基準が違うファクタリングならなんとかなることがあり、それがファクタリングの大きなメリットのひとつです。

ファクタリングの審査基準を解説

ファクタリングの審査は、主に以下の基準で行います。これら一定の基準をクリアしないと審査落ちしてしまいます。

売掛先の信用力
売掛金の支払日(近いほど審査に有利)
申込人の信用力
売上げとファクタリング額のバランス
2社間ファクタリングか3社間ファクタリング

売掛債権の信用力

融資の場合はお金を借りる人の信用力が大切で、そのために信用情報照会を行いますが、ファクタリングの審査で重要となるのは、売掛先の信用力です。売掛先が倒産してしまったり、支払いが遅れてしまったりすれば売掛金回収ができなくなってしまうためです。

例えば売掛先A社が有名企業で、売掛先B社が全く知られていない会社や悪評のある会社だった場合、前者のほうが当然信用力があるため、ファクタリング審査も通りやすいことになります。

信用度が高い会社とは、誰でも知っている有名企業(上場企業など)、官公庁や金融機関と取引がある会社などです。官公庁や金融機関は取引相手をきちんと見極めるため、得体の知れない会社とは基本的に取引をしません。そのため、官公庁や金融機関との取引実績がある売掛先は信用度が高く、審査に通りやすいのです。

売掛金の支払期日

売掛金の支払日が近ければ近いほど審査には有利になります。支払い期日が遠いほど、その間に何が起こるかわからないからです。災害、経営悪化、不祥事等、想像もできなかったリスクに晒される可能性があります。

したがって、1か月先が入金日の売掛債権と、3か月先が入金日の売掛債権では、前者のほうが審査で有利になります。

申込人の人格、評判、人となり

ファクタリングは融資ではないので、信用情報紹照会はできませんが、ネットで検索して申込人の評判や噂を知ることはできます。

評判がよく性格もいい人ならば、誠実に対応してくれるでしょう。逆の場合は、ひょっとすると支払いしてくれないかもしれません(2社間ファクタリングの場合)。このように、相手が信頼できる人物かどうかという点もファクタリング会社はチェックしています。

ファクタリング希望額と売り上げ規模のバランス

年商2000万円の企業がファクタリングで1000万円を調達したいと申し込んできた場合、たとえ売掛金が1000万円超あったとしても、審査は慎重になります。審査されるのは、「本当に事業規模に見合った資金調達なのか」という点です。

融資の場合も、年商2000万円の会社が1000万円借りたいと言ってきたら、よほど正当性のある設備資金以外では審査は通らないでしょう。何か本来業務ではない資金目的があるのでは?と邪推されます。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの審査基準の違い

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがありますが、審査が緩いのは3社間ファクタリングです。これは、3社間ファクタリングは売掛先に同意を得て、売掛先から資金を回収するからです。

資金調達をした会社からの支払いを待つ2社間ファクタリングと比較すると、売掛先から直接回収できる3社間ファクタリングのほうが回収不能リスクが低いのは明らかです。したがって、ある程度名前が通っている会社の売掛債権を3社間ファクタリングで譲渡するなら、審査に通る可能性はかなり高いでしょう。

審査落ちしてしまう売掛債権がある

会社の信用度以外にも、売掛債権の種類によって審査落ちする可能性があります。ファクタリング会社は、すべての売掛債権を買取れるわけではなく、買取れない売掛債権というものが存在します。具体的には以下になります。

売掛債権の買取

買取可能債権の診療報酬以下は、いわゆる「医療ファクタリング」なので、通常のファクタリングとは関係ありません。

買取できない債権の「個人に対する債権」というのは、友人知人にお金をもらう約束のことです。そのような事業に関係ない個人的な債権は買い取ることができません。

また、売掛先への売掛金よりも買掛金のほうが多い場合、相殺されて売掛金が0円以下になってしまいます。0円以下のものを買取ることはできません。

ファクタリングの審査に通るためのポイント

最後に、審査に通りやすくなるポイントをまとめます。以下の点に注意して、ファクタリング会社の審査を受けましょう。

・社会的信用度の高い売掛先の債権をファクタリングする

・官公庁や金融機関、有名企業が取引先にある売掛先の債権をファクタリングする

・支払日までの期間が短い売掛債権をファクタリングする

・自社の信用度を高める(面談や対応の際、やわらかく丁寧に接し信用度を高める)

・ファクタリング希望額と売り上げ規模のバランスをとる

資金調達BANK アクセルファクター